かおりうむ

アダルトチルドレンで高機能広汎性発達障害+成人ADHD、適応障害で退職後療養中。

ヅカオタがグッズを断捨離してみた【ADHDのお片づけ】

 

ミニマリスト・断捨離系の本を読み始めた頃、とある本の『宝塚のグッズはぜんぶ捨てて買わないようになった』という一文に目を剥いた覚えがあります。絶対に無理だ、と。

そう思って、宝塚関連のものだけはいくら断捨離を進めても触らないようにしていた、ある日。

発達障害に関する書籍を読んでいて気づきました。

確かにわたしは情報の取捨選択がうまくできない。電話しながらメモはとれない、左右で音がしていると正面の人の声が聞き取れない、ターミナル駅に行けば大量の情報が目から耳から流れ込んできて倒れそうになる…

部屋に大量のポスターとカレンダーとポストカード飾ってるの、ダメなんじゃ?

ポストカードを飾っていたのはこんまりさんの本に「衣装ケースの前にポストカードを挟むとときめく」(手元に本がないのでうろ覚えですが)と書いてあったのを実践していたから。

ときめくはずのものが、自分を疲弊させているかもしれない。飾っていたものをすべて剥がしたり抜き取ったりして視界からなくしました。

 

結果、 目に入ってくる情報が減ったことで、

  1. 部屋が落ち着ける場所に近づき、
  2. ミニマリストの部屋っぽくなりました。

「ない」状態が楽だとわかると、もとに戻そうとは思えない。

じゃあ、どうする?

ポストカード。手紙を書いて出すのは、いろんな意味でためらわれます。大量の舞台写真は買ったまま抽斗に押し込めていて、眺めもしていない。

売ろう。きっと欲しい人がいるはず。(※専門の中古ショップがあるので持っていく予定)

 

といっても、元は好きで買ったもの。アルバムが一冊あったので、そこに収まるだけは持っていていいと決め、残したのは舞台写真24枚。20ポケットのうち8ポケットは空きになりました。

 

【手放すもの】

舞台写真類 33枚

ポストカード 35枚

クリアファイル 10枚

クリアポスター 2枚

グッズ 3点

計83点。

 

意識せずに買っているうちにこんなに増えていたとは。

テンションで買い物をするのは、よくない(ADHDのわたしは特に)。

 

twitter.com