寝ても覚めても夢女

ADHD兼、高機能PDDさんの服薬記録とあれやこれ

2017年、ADHDの診断から障害者手帳取得まで

 

2017年、まとめるとタイトルになりますが、まあいろんなことがありました。整理も兼ねて時系列で書いてみます。

 

1月:末頃に現在の病院へ。

2月:ADHDの診断が降りる。カウンセリング開始。

3月:記憶なし。

4月:3月から4月の変わり目を挟んで11連勤。末に大きめの仕事。だんだん適応障害の症状が出始める。

イーケプラ、コンサータの服用を始める。

5月:いよいよ限界がきて上司に話すも理解されず、余計に精神状態が悪化。末から有給の消化に入る。5月から自立支援の適用になる。

6月:有給消化を終えて退職。軽躁期(バウムテストでも出ていた)

コンサータストラテラに変更。2週間後80mgに増量。

7月:反動でうつになる。担当医が変わる。

レクサプロ半錠が追加になる。

8月:軽躁期。やたら活動的になり泊まりの旅行にも行った。月末に受けた試験に落ちたことでうつに転ぶ。

9月:一年ほど前から出ていた「文字を読むときに目が滑る」症状が治らないことに悩む。

10月:一度ストラテラを120mgに増量するが副作用が強く80mgに戻す。月末からアルバイトを始める。

11月:アルバイトに慣れることで必死。

月末からレクサプロが10mg(1錠)に増える。

12月:アルバイト先にカミングアウト。半ばに障害者手帳が届く。

 

昨年の秋から今年夏頃までの記憶がぼんやりしていてうまく思い出せません。とにかくただただつらくてしんどかった。――ということも最近になってやっと認識できるようになってきました。抗うつ剤の服用によって日常的な希死念慮が消えたのは(たまに出ますが)よかったなあ、と思います。あと対人恐怖が弱まったこと。これは慣れていけたら就ける職業の幅も広がるので長期的な目標としてひとつ。

9月頃まではずっと大好きだった小説が読めなくなった(興味が薄れた)ことがショックでしたが、最近はエッセイを読むようになって読書量が戻りました。

 

2018年は、やりたいことを我慢せず、かつ仕事をもう少しできればなあ、と思います。

自分のエネルギーのコントロールが課題ですね。

 

本当は障害者手帳のカバーにトラベラーズノートパスポートサイズがぴったり!……という記事を書きたかったんですが、また来年にします笑

 

では良いお年をお迎えください。

みつ